グッバイ哀愁ニキビ

脂肪・糖分摂取過多

ニキビ、吹き出物の原因はニキビの種類によって異なるが、食事に関してはビタミン不足、脂肪や糖分の過剰摂取が大きな原因と言われている。

皮膚の粘膜を健康に保つビタミンAや、皮脂の働きを抑制するビタミンB2・ビタミンB6が不足すると、肌の代謝が悪くなり、毛穴が詰まりやすくなる。

ビタミンCも、細胞の成長・修腹をするための重要なコラーゲンを作り出すために、必要なビタミン。
食材でおすすめしたいのが、レバーや魚介類、ほうれん草に代表される緑黄色野菜です。


また、このような食材を食べるときは、納豆やとろろなどをあわせてとるようにするのがいいようです。吸収力がアップすることがその理由のひとつで、食物繊維も豊富で、便秘の対策にも役立ちます。

ビタミンAの吸収力をアップさせたいときは、少しの油を一緒に摂取するのがいいようです。

ただ、古今の食生活では外食が多い傾向になり、栄養のバランスも取りづらくなっています。
私もそうですが「ズルズル系」と称している「納豆やとろろ芋・オクラ・生卵」などは食感が嫌いで一切食べないし見るのもイヤなので子どもたちにも食べさせないのですが、それを一緒に摂取すると吸収力も高まり美肌効果も高まるらしい。

しかし、この時ハタと気付かされました「家内が残してくれたのが3人の娘でよかった」と会社帰りにスーパーへ寄って翌日から数日分の食材を調達して帰るのが日課になり、今では家族全員が肉食系家族、今の家内は次女の親友として中学生時代から遊びに来ていたため週末は焼き肉が手っ取り早くホームパーティの雰囲気も醸し出せるのでよくやった。2年前今の女房が20歳で2人目を出産し、今春大学卒業と同時に主婦業専念により長女より年下の女房ができ、久しぶりにその手料理を食べています。