グッバイ哀愁ニキビ

育毛剤でよく見かける成分

育毛剤と一言で言っても「血行促進作用」「男性ホルモン抑制作用」「頭皮の保湿作用」とさまざまな種類があります。
薄毛や抜け毛の原因に合わせて、自分に合ったものを使用するのが一般的ですが、育毛剤のそれぞれの働きに関係しているのは全て配合成分の力です。
育毛剤の成分を知ることで、効果的に育毛剤を使うことができ発毛の実感もできるようになります。
そこで育毛剤によく配合してある成分をご紹介したいと思います。
まず数ある育毛剤の中で一番多く見かける成分は「センブリエキス」です。
センブリエキスは古くから漢方として使われていますが、頭皮に使用することで血行促進の効果を得ることができます。
センブリエキスの力で血流が改善されると毛根まで効果的に栄養を届けることができるため、ほとんどの育毛剤に配合されています。
次に良く配合されている成分は「ニコチン酸アミド」です。
ニコチンという言葉入っているため、タバコのニコチンをイメージする人もいるかもしれませんが、ビタミンB群の一種で毒性はありません。
ニコチン酸アミドは髪の毛の元になる「毛母細胞」の働きを活発化させる効果があります。
本来毛というのは、毛母脂肪が細胞分裂を繰り返すことで生成されるのですが、活発化することで細胞分裂の頻度がアップするため、髪の毛を作り出すスピードが早くなり発毛に繋がります。
このように、育毛剤の成分を調べて働きを知ることで効果的に育毛剤を使用することができるため、発毛の手助けになりますよ。